強度と中性化を調べる


異常なひびわれや白華などの劣化現象が認められたら、建物の強度と中性化を調べておく必要がある。これらの現象は、コンクリートの品質に問題があることを示すシグナルであって、コンクリートの品質は一般に、強度と中性化によって把握できるからである。

建物の強度はコアを採取して調べるが、その手順は以下のとおりである。

➀コアを採取する場所(外壁、床、基礎など)を決める。この場合、建築専門家の助言を必要とする。このとき、信頼のおける試験機関に強度試験の依頼手つづきをしておく。

➁鉄筋探査計を用いて鉄筋位置を調べた後に、コアを採取する位置を決める。ボーリング業者によっては、この作業もおこなっているので、あらかじめ確認しておくといい。

➂コアボーリング業者に依頼して、コアを採取する。

➃コアを採取した直後に、フェノールフタレイン溶液を吹きつけて中性化深さを測定する。

➄湿布でコアを被覆して段ボール箱に収納し、試験機関に送付する。この際、強度とともに中性化試験も依頼する。

➅これらの試験結果は、マンションの建物の品質をしめす重要な文書となることを認識しておく必要がある。

➆コアを採取した後の手直し工事の手配をしておく。

説明

コアを採取した直後の処置としては、市販のプラスチック製のふた(エッジつきで押込んで使用する)を用意しておくと便利である。採取した後の空洞部分には、モルタルを充填しておけばいい。このような処置については、管理会社の協力のもとに進めるのがのぞましい。なお、コアを採取するとき、「建物を傷めるのでは」と懸念する区分所有者もいるが、まったく心配にはおよばない。採取するコアは、一般に直径が10センチ(場合によっては7.5センチ)ていどの円柱体である。この程度のコンクリートを切り取っても、建物の躯体を傷めることはない。傷められるのは、その部分の仕上げ材または内装材であるが、これは後で補修すればいい。建物のコンクリートに、大きいひびわれや白華などの異常な現象があらわれるのは、建物内部に隠れた欠陥、つまり瑕疵が存在するからである。瑕疵は、基礎などの外部要因による場合もあるが、もっとも一般的なものはコンクリート内部に潜んでいる。原因をつきとめなくても、ひびわれ補修のみをおこなうことにより、当面はしのぐことができるが、ふたたび別の箇所にひびわれが出てくるおそれがある。発熱を訴える患者にたいして、原因もつきとめずに解熱剤を投与する医師はいない。コアを採取して、建物のコンクリートの強度が設計値を満たしているのか否かを確認しなければならない。コアを採取して得られる情報は、強度のみではない。同時に中性化速度も調べることができる。最近は、強度が設計値をぎりぎり満たしていても、中性化が異常に速く進行しているマンションが目立つ。このようなマンションでは、メンテナンスをしっかりおこなわないと建物の劣化は急速に進行する。採取したコアを調べると、どのような材料が用いられたか、水を多く加えたコンクリートであるか、などの情報も得られる。これらの情報は、一連の異常な現象を解明するのに役立つ。築15年を経た84戸の横浜市のDマンションでは、住んでいるうちに天井や床が平らでないことに気がついた。床をボールが転がり、横縞の壁紙を張ると、天井に接した部分のまんなかの縞がなくなったりした。たまたま、管理組合が長期修繕計画をつくるために建物の診断を外部の専門家グループに依頼した際に、床がたわんでいると指摘された。原因は、床の厚さが設計よりも小さかったのである。床厚が設計よりも小さい例は、意外に多い。床厚や壁厚を非破壊検査で調べる方法が実用化されている。X線透過撮影法とよばれている方法である。厚さが20センチ以下の場合の測定誤差は2ミリていどである。測定に要する時間は一ヵ所あたり1時間程度、測定自体の費用は約5万円である。
内部空洞や鉄筋などの埋設物の位置も、X線透過撮影法によって調べることができる。


都内へのアクセスも良好な川越市の賃貸物件に暮らしてみませんか。川越市には西武新宿線,東武東上線,川越線など複数の路線が走っており,通勤通学に大変便利なんです。中でも東武東上線霞ヶ関駅は,大学等の教育機関が近いため学生さんの活気あふれるエリアです。賃貸物件は家賃相場も手頃です。あなたも霞ヶ関の賃貸物件で新生活を始めませんか。

北千住で新しい生活をスタートさせたい方はいますでしょうか?
北千住エリアは下町の良さが残っており,人気がうなぎ上りのエリアなんです。のどかな雰囲気が流れているため,北千住エリアで不動産物件を探す方が増加中です。
もし都内のどこで住もうか悩んでいるのでしたら,ぜひ北千住エリアの不動産についてご確認ください。

こちらのサイトでは、北九州都市モノレール小倉線沿線の賃貸物件が掲載されています。北九州都市モノレール小倉線沿線の賃貸物件を探すなら、アクセスしてはいかがでしょうか?
北九州都市モノレール小倉線沿線は、北九州市の小倉駅から小倉南区の企救丘駅までを結ぶ路線です。イベント事の盛んな路線としても知られ、毎年7月下旬に運行されるビール列車でも有名です。イベントが好きな人は、この沿線で賃貸物件を探すのもいいですね。