どこに相談するか


建物に施工不良に起因すると思われる劣化現象などが生じたとき、管理組合としては原因を究明して対策を講じなければならない。このような場合、一般に管理会社の動きは鈍く、ほとんど役に立たないことが多い。親会社の分譲した物件だから、積極的に行動できないのである。このような場合には外部の専門家に調査を依頼することになるが、東京などの大都市圏をのぞき、近所の一級建築士事務所に依頼しても明確な結論が得られないケースが多い。それは、これらの事務所は、なんらかの形で近場のマンションの施工監理にかかわっている可能性が高いからである。マンションを建設するときには、一級建築士を工事監理者とすることが義務づけられている。ただし、この工事監理は実際には十分におこなわれていない。たまたま分譲されたマンションの施工監理を引きうけていた場合、その建物の施工不良を調査するということは、とりもなおさず自分の施工監理不良を調査することになる。前向きに調査するのではなく、依頼者が管理組合という素人であるのをいいことにして、施工不良の隠蔽に走るのである。できれば、他の府県の建築士事務所に依頼すればいいが、適切な建築士事務所を探すことはかんたんではない。しかし、管理組合の味方になって活動している一級建築士グループも存在する。これらについては、巻末にあげた居住者組織に問合せをして紹介してもらうといい。建設省は、マンション問題全般についての相談を受ける体制を整備しつつある。まず国レベルでは、二〇〇〇年一〇月にマンション指導係長を設置し、二〇〇一年一月にはマンション管理対策室を設置することにした。このような体制を、順次、都道府県、政令指定都市から市町村レベルにまで整備することによって、管理組合や居住者のかかえているさまざまな問題に対応しようとするものである。相談を受ける内容は、住まいをめぐるトラブル、管理組合の運営、長期修繕計画の作成、建替えなどであるが、もちろん住宅の瑕疵をめぐるトラブルも含まれる。このような行政が設置する窓口を利用することも必要であろう。


新伊丹は住宅地としてはかなり満足することができる充実したエリアとなっています。伊丹市市には賃貸物件もかなりの数揃っていますししきれいな物件もあり引越しの際もスムーズに進めることができます。
商店街やスーパーなどの生活に必要なものを購入することができるお店も充実しているので基本的な買い物で大変な思いをすることもありません。市バスも充実しているから交通の便にも優れていて,車が無くても安心して移動することができます。
それから引っ越してきてとてもいいなと思ったのは元々住んでいた場所に比べて人がとても親切で心優しい人がたくさんいて,引越して来て最初のいろいろわからないときにも親切に教えて暮れました。
治安も比較的良いように感じることができますし,子育てもしやすい環境ということができますよね。大阪へのアクセスにも優れているので,大阪へ勤務している人もぜひここ伊丹市で賃貸物件についてご確認ください。

自分の今の仕事の収入とは別に収入を得たいのでしたら,ぜひ収益物件を大阪で探しませんか?
収益物件とは毎月一定の収入を得れる物件となっているので,所謂,アパートやマンション経営のことになります。大阪などの人気があるエリアの収益物件なら空室になるこ心配する必要もないので,安定的な収入を得ることが可能ですよ!

姫路市にある網干駅周辺で賃貸物件について探しませんか?網干駅は山陽本線が乗り入れる駅となっております。
大阪にも新幹線を利用するよりも安く向かえるため,使い勝手の良い駅と評判なんです。そんな網干駅周辺で賃貸物件を探してみませんか?
網干駅周辺の賃貸物件で暮らすことができたら、きっと満足した生活を送ることができますよ!