結露はどうするか


マンションの欠陥で多いのが、結露とカビの異常発生である。結露は冬になると起こる。窓ガラスが水滴だらけになったり、北側の壁が湿って、しみ模様ができたりする。結露はなぜおこるのだろうか。空気中の水蒸気が、露点温度より低い温度の物体に触れると、その表面で凝縮して水に変わり、物体に水滴が付着した状態と定義されている。結露を防止するためには、空気に触れる物体が露点温度以下にならないようにすればいい。外気温が低いほど建物の室内側の表面温度が低くなり、室内温度が高いほど室内空気が含むことのできる水蒸気量が多くなるため、低温の壁面で結露が発生しやすくなる。冬にガスストーブや加湿器を用いると結露がおこりやすい道理である。

冬は北側や両妻側の壁は冷やされやすく、古いマンションで断熱材を用いていない集合住宅では、北側の壁に結露が多く発生する。とくに、押入れ内部の壁には結露を生じやすい。押入れの存在によって空気の流れがさまたげられ、壁の表面温度が低くおさえられる一方、押入れ内部の湿度は室内に準じて高いからである。

以上のような結露は、物体がガラスや金屈のように吸湿しない材料である場合、その表面におこるので、表面結露とよばれている。これにたいして、外壁や床を通して水蒸気が透過する途中で露点温度以下の層に出会うと、結露が生じる。たとえば、断熱材が使われていると、熱を通しにくいため、その両側で温度差が大きくなり、低温側で結露を生じやすくなる。吸水性の高い断熱材が水分の飽和状態になり、カビが生えたりするが、目に見えない部分であるため発見が遅れることが多い。この結露は、内部結露とよばれている。ベルリン、パリ、ヘルシンキなどのヨーロッパ各地では夏には湿度が低く、冬に湿度が高い。日本でも、積雪の多い地域では冬でも湿度が高い。これらの地域では、壁の外側に断熱材を設けることによって、結露を防止することができる。しかし、結露は夏にもおこる。日本の夏は高温多湿であり、東京の場合、梅雨時で一七度前後、盛夏時でニー~二三度が露点温度になる。なんらかの条件で壁の表面がこれらの温度以下に冷却されると、結露を生じることになる。建物の結露は、元来は北国特有の現象だったが、アルミサッシュの普及によって住宅の気密化がすすみ、室内がより暖かくなった結果、水蒸気の排出が悪くなり、しだいに南下して九州にまで被害がおこるようになった。結露問題は結局のところ、建物のみでは解決できず、換気を心がけるなど、住まい方も関係する問題である。


横浜市にお住まいで一戸建てなどの持ち家を有している方!しっかりと住まいの健康診断を行ってきていますか?外壁が剥がれてきた,塩害・風害でサビついてきた箇所が目立ってきているなどの症状が見られるのなら注意が必要です。
少しの傷みが大きな修繕が必要なものになってくるのはあっと言う間。そのため,外壁塗装やリフォームといったメンテナンスの必要性があるかどうかを定期的に確認しておきましょう。こまめにチェックしておくことで,大きな修繕が必要ということもなく、住宅の健康を守ることができます。
また,海沿いに広がる横浜市だからこそ,外壁塗装はしっかり丁寧に施工してくれる業者へ依頼することをお勧めします。
横浜などの港町だと、塩害にも悩まされるので、ガイナなどの高品質な外壁塗装が必要となってきます。ぜひご確認ください。

敷金礼金0の賃貸物件を探している方。京都府にある山科エリアはどうでしょうか。古い街並みや,昔からある伝統文化が有名な京都。和菓子や料理が美味しく,秋の紅葉はとても綺麗です。芸者さんが踊る姿は,とても魅力的でつい見入ってしまいます。大阪方面へのアクセスも良いので,学生や単身者に大人気。最近では敷金礼金0の物件が豊富。京都の中でも敷金礼金0の物件が多い山科で敷金礼金0の物件探しを行ってみてはいかがでしょう。

都内で生活することを考えると江戸川区は良い環境といえますよね。
きれいで広いマンションが揃っていますし,比較的安価な賃貸物件を見つけることができます。都会にはスーパーが無い地域などもあるのですが,生活の利便性を考えますと,やはり大きなスーパーがあるっていうのは嬉しいですよね。船堀あたりですと,駅周辺にスーパーやファミレスが充実しておりかなり便利ですし,映画館の入った複合施設もあるため,娯楽についても飽きることなく楽しめます。
あまり注目されていない穴場的なエリアで利便性にも優れておりとても良い環境となっています。
福祉の面でも充実しているので、ぜひこの機会に江戸川区のマンション情報について調べてみませんか?
江戸川区のマンションならきっと快適暮らすことができますよ!